昭和のお見合い結婚を今の蘇らせる結婚相談所ジャック&ジル東京の大竹です。

台風が接近してますね。心配です。結婚相談所での交際が結婚に進展する為に必要なこと!自分が思うこと書きます。

結婚相談所はご存知の通り3ヶ月という交際期間が決まっています。この期間でお相手を選び交際を結婚へと進展させなければ成婚にはなりません。

(まずは結婚へ対するお互い想いを知ること)

お見合いをして交際になっても結婚まで進展しない!なぜか?まずお見合い~初デートまでの期間がお互いの結婚に対する考え方(条件・希望)も含め、ある程度一致し共有できているかがポイントになります。プロフィールである程度のことはわかりますが、プロフィールだけではわからないこともあります。そこをきちんと知り見極めること、自分と合致しているかがまず大切になります。結婚後のことをお互いどんな風に描いているかを示し合わすことです。

(交際観・温度)

プロフィールだけではわからないこと!「交際観」とその人の「温度」です。どんな相手を望み、どんな交際を望んでいるのか?結婚へのテンション、温度ははじめわかりません。僕の持論ですが、はじめに自分の「交際観」「温度」を伝えていくことが大切だと考えます。つまりどんなに好条件でパッと見素敵な人でも、交際観と温度、波長が合わなければ進展は難しいと思います。できるだけはじめに自分の結婚への気持ち、温度を伝えましょう。それに該当しなければ交際終了になるはずです、

 (相手を好きなる為に意識してほしいこと)

結婚相談所での交際はお見合いから入ります。職場結婚や自然な恋愛とは少し違います。交際が結婚へ進展する為には、お見合いから入り、お互いを知り「好き」になること!恋愛になること!が必要不可欠です。

「美点発見」美しい部分を探す、相手の良い部分「素敵なだなあ」と感じる部分、自分にはない部分を見つけていくこと!が相手を好きになる第1歩、入口になります。全てが理想通りで完璧でパーフェクトでせつなく恋焦がれる相手を結婚相談所で見つけるのは困難です。お見合いできっかけを作り、お互いが愛を育てていくイメージです。

(褒め合う)

相手の良い部分を褒めると相手からも褒められます。お互いに褒め合える関係になることが恋愛では大事です。お互い意識しているから褒め合えます。お互いを褒め合う関係性が構築できたら結婚が近くなる!僕の持論です。仕事でも外見でも何でもOKです。褒められて嬉しくない人はいません。交際になれば常に相手を見て褒めていきましょう。

「自己開示」

お見合い以降の会う回数「3回~4回が第一関門」「4回~6回が第二関門」と考えます。結婚相談所では交際期間の中で、大体9回~10回以上会えばほぼ成婚、結婚になります。

そのステップを踏むためには日々メールや電話でコミュニケーションを取り合うことは大事ですし、「自己開示」も求められると思います。自分のことを話、開示していくこと、お互いに踏み込んでいくことでより親密になれます。

第二関門位からお互いの呼び方を決め、敬語をやめフレンドリーなコミュニケーションに変えていくことも大事になります。呼び方や話し方をかえることは第二関門を突破できたら問題ありません。あまり重く受け止めず!気楽に接し、思い切ってかえることです。敬語からタメ語に変われば関係性も変わります。

(優しくすること)

優しさを積み重ねることが、交際を深め進展させる為に必要不可欠です。優しさとは?相手を大切に想う気持ちです。常に優しく接する心、気配り、この積み重ねが信頼になり愛になります。

優しさは、言葉、言動、すべてです。「自分がこんな風に優しくされたら嬉しい」と思うことを相手にもドンドンしてみて下さい。

結婚すると思うこと、進展させると思うこと

自分の想いを現実にする、実現させると強く思うことが大事だと思うます。「結婚する」と常に言い聞かせて下さい。その気持ちは必ず交際になれば相手にも伝わります。

(結婚相談所・仲人を上手に活用しましょう)

成婚になる人の特長として、仲人や相談所の利用手段が明確!ということが挙げられます。特に交際になれば、心配なことや不安がでてきます。そんな時は早めに仲人、相談所に相談することです。

色々書きました。是非参考にしてみて下さい。