今日という1日をどう生きるかで
明日という未来の1ページが塗り替えられていく

道なき道に今日も道を作り続ける

こんにちはシングルマザー専門、バツイチ、再婚に特化した結婚相談所ジャック&ジルの大竹です。

昨日男性会員さんから「予定通りクリスマスに彼女にプロポーズします」とLINEが入りました。

入会して6ヶ月

ご成婚です!(^^)!

指輪も購入して準備万端のようです。

たまに入会する会員さんから「どれ位で結婚できますか?」と質問を受けます。

「人それぞれです」というのが正直な答えですが・・

目標にすべきは「6ヶ月」

「半年での成婚」だと思います。

ちなみに

こちらの男性会員さんは僕からの完全紹介で6ヶ月でご成婚でした。

インターネット検索は一切使いませんでした。

今日は少し、今のネット型婚活のあり方について
僕の考えをお伝えしたいと思います。

ネット検索で婚活をした経験がある方で・・
「ネット検索では思うように婚活がうまくいかなかった」

そんな人が結構多いと思います。

今はネット検索をする結婚相談所がほとんどです。

時代の流れでもあると思います

批判ではないです

僕の考えです

けしてアプリやネット検索が悪いということではないのですが・・

「依存」が一番怖いですよね

婚活も「システムに依存している人」多いような気がしてます。

特にうまくいっていない人はその傾向が強いように思います

「当然」「習慣化」になることがネットの怖さのような気がしてます

僕もそうでした

何が言いたいかというと・・

「人間は無意識に何かを習慣化し、やがて依存する」

人にもよりますが

ネットサーフィン

アルコール(晩酌)もそうですよね

ゲームもそうですよね

ギャンブルもそうです

それが習慣化し

日常化し

気が付くと、いつもやっている

依存している

インターネットは、電車で周りの人を見ていると90%以上の人は移動中スマフォ触ってます。

意識しないと僕自身も確実にそうなっています

この依存型が、アプリの時代の象徴であり
情報の時代ですから、否定はしませんが・・

良い面もあれば
悪い面もあるように思うんです

婚活もアプリになってきて結婚相談所もシステム化されてきてます

手軽だし益々便利です

勿論使い方は個人にもよりますが・・

システムに依存し過ぎると、婚活も、人によっては「うまくいかなくなる」そんな気が僕はしてます。

例えば1人とお見合いが成立しても、あとから、あとから違う人から申込が来る人もいます

そんな人は「人と人を比べてしまう」そう思うし

私はモテてると勘違いしてしまいます。
僕はモテると勘違いしてしまいます。
そんな人もいます

申込が来る、お見合いが成立することと・・成婚することは別です

つまり、この人がダメでも「他にいる」常にこの勘違い状態になります

新着で新しい会員さんがどんどん毎日更新され
気軽にスマフォで見ることができたら・・
当然毎日見てしまうし、それが習慣になります

仮に交際中でも「もっと他にいい人がいないかなぁ」となってしまう気がします

そうなると、当たり前になり、習慣化されて
「成婚」という本来の目的からズレて

ネット検索して相手をひたすら見つけることが「僕の婚活」

それが目的化されて、本来とはズレた、システム依存の人も「かなりいるのでは?」と思ったりもしてます

仮にシステムも見なければ
システムはなければ

情報はないですから比較もしません、選択肢も限られます

その方がシンプルに成婚になるような気がしてます。

今、当社ではインターネットを繋いでます

繋いでいる会員さん、全く繋げていない会員さん両方いますが・・

お伝えしているのは
「成婚すること」
「結婚が目的です」

ネット検索することが婚活ではないということです

お見合いをして
交際すること

その交際を「どう結婚に繋げていくか?」が一番大事なことです

このようなお話をしてます。

是非、自分で情報をコントロールすることが大事です

ネットがいけないということではないです

依存しない意識を持つことが大事だと思います

よくお伝えしますが・・

プロフィールが絶対ではないです

ネットで、プロフィール写真を眺めて、会ってもいないのに、あれこれ考えることが婚活ではないです

それを習慣化しないことが大事ですよ

ネットは、あくまでも婚活システムの一部であるという考え方でいいと思います

それよりも、会うこと、お見合いすること、交際になったら、一生懸命に1人の相手と向き合うことが大事です

今日は婚活におけるネット依存は要注意”

このようなテーマでお伝えしました

お問合せ