こんにちは大竹です。

尊敬する田坂広志先生のコラムにこんな記事がありました。

ある映画のラストシーン

65歳で人生の終わりを迎えた主人公が家族や友人たちを前に、呟きます。

「この人生を、振り返れば、一瞬であった。」

人生のはかなさに対する、こうした感懐(かんかい)は、映画だけでなく、文学や、手記においても、多くの人々によって、語られています。

我々の人生は、長くとも、100年

地球上の歴史は46億年
宇宙の歴史は138億年。

その悠久の時間から見るとき

それは文字通り、「一瞬」と呼ぶべき時間です。

しかし、そのことを思う時!

我々は、一つの真実に気がつきます

この宇宙の片隅の、この地球の片隅で、1人の人間が、1人の人間と出会う時

それは、その「一瞬」と「一瞬」が重なる「奇跡」の一瞬。

その真実に気がつくのです。

そして、その時、我々は、初めて知るのです

「深い縁」

その言葉の、本当の意味を知るのです。

田坂広志

いかがでしょうか。

「奇跡」

「縁」

人と人との出逢いは「奇跡」ですよね。

長いようで、人生は短いのかもしれません。

普通に暮らしていると、、生きていることが当たり前で・・

人生の終わりなどをリアルに感じることはありませんが・・

必ず誰もが終わりはあるわけで・・

その時に、何を思うでしょうか?

そして誰を思うでしょうか?

SNSが当たり前の時代!

ネットで簡単に人と人が繋がる時代

しかし、それでも人生はあっという間で、

人生で出逢える人も、限られていて

好きになる人も限られています。

この一瞬の人生において

出逢いには必ず意味がある

お別れにも意味がある

そう思います。

うまく言えませんが・・

婚活でも色々な人と出会います。

「もう二度と会うことがないかもしれない・・」そんなケースもあるし・・

この一瞬の出逢いこそ! 

「人生の奇跡」

かけがえのないパートナーになる人との真実の出逢いかもしれません。

「無駄な出逢いはない」

「出逢いは奇跡」

そんな風に出逢いに本気で、向き合ってみてください

「この人が、人生と共にする人」
「愛し合う人かもしれない」

「奇跡の出逢いかもしれない」

そんな風に捉えてみて下さい。

今週で緊急事態宣言も解除されまん延防止に変わりそうです。

コロナ、オリンピック

まだまだ世の中混沌としていて

不安定で、けして油断できませんが・・

ステキな夏にしましょう。

奇跡の出逢いを信じて

「他社で成婚できなかった」

最後の婚活で「再生」しましょう

本気で今年中の成婚を目指すなら当社へお越しください

=大竹情熱婚活塾=

・心構え 自己啓発     ・恋愛心理
・どうすれば成婚になるか  ・コミ力強化
・お見合いレッスン     ・交際レッスン
・交際基礎         ・LIEN実技
・習慣化プログラム

会員様の婚活の悩みを強化しながらお見合いと同時進行で成婚を目指す大竹情熱婚活塾コースがございます
事前にシュミレーションレッスンで婚活実技が学べます

*他社で成婚できなかった人を「再生」させる

お問合せ