こんにちは大竹です。

今日は結婚相談所の仲人の立場から私が感じてきた

「婚活がうまくいかない人の特徴」

6選をお伝えします。

(1)頑固(がんこ)

頑固とは?「頑なでなかなか自分の考えを変えようとしない人」を指します。

他人の意見を聞いて、受け入れたり、修正したり、考えを変えない、曲げない性格だと言えます。

頑固とは?良い意味に捉えるなら「何かを成し遂げるまで最後まで諦めない」「貫く」という捉え方もできます。

それは素晴らしいことです。

しかし・・婚活に関して、思うようにいっていない人ほど・・自分の固定観念の中で「囚われ」客観的に自分を見つめないまま・・成果がでない婚活を続けている。

そんな人もいるように感じます。

自分を貫くことや「こだわる」ことも必要ですが・・

「マイナス面」を直視できないと受け入れられないのではないでしょうか?

特に同じようなパターンでダメになる人は考えてみる必要があります。

(2)こだわりが強い

1にリンクしますが・・「こだわりが強い人」

結婚相手として敬遠される傾向にあります。

特に男性でこだわりが強く頑固な人は考えるべきです。

「こだわり」は婚活そのものに出ます。

お相手選びからお見合い~交際に至るまですべてに出ます。

「どんなこだわり?」と思われた方へ一番わかりやすい例えをお伝えします。

今現在実家で親と同居している男性で結婚する女性にうちに入ってほしい

「両親と同居してほしい」

同居にこだわる、望む男性がいます

ご実家が旅館を経営していたり・・農家など自営業のケースの場合

「嫁に来てほしい」

こう考える男性が多いと思います。

但し、今、実家に入ってくれる女性を結婚相談所で探すのは、かなりハードルが高いです。

お互いに好きになり、女性が「ついていきたい」となればいずれは同居してくれるでしょう

しかし即同居はかなりハードルが高いと思います。

逆に考えてみてください??

あなたは、サザエさんのますおさんのように、いきなり嫁の実家で暮らせますか??

逆で考えてみるとわかりやすいと思います。

あなたができないことは女性も難しいということです。

同居についてを書きましたが・・他のことも当てはまります。

逆で考えてみる

「こわだり」をできるだけ手放すこと”

現実を正確に捉える必要があります

「妥協」が必要なこともあるでしょう

「妥協」とは?けして「あきらめろ」ということではなく・・視点を広げて考えてみてほしいということです。

住む場所など、将来の子育てなど環境も考え、相手と相談し柔軟に対応することも結婚する上では必要になります。

そこを頑なに譲れない人は、成婚の可能性を狭めます

(3)相手の気持ちや望んでいることがわかってない

「相手の気持ちを知ること」

相手が望んでいることを「理解しよう」と努力できないと恋愛にはなりません。

お互いを思いやり、理解し合うのが恋愛ですよね。

一方的では成立しません

「僕はどうでしょうか?」「自分はこんな感じです」では・・相手は振り向かないと思います。

相手の心は動かないと思います。

これは男性、女性関係なく当てはまります。

相手の心を掴むために気持ちを知る必要があります。

「心を掴むためにどうしたらいいか?」

相手に寄り添う姿勢を持たなければ、相手を理解することは不可能です。

~ため

〇〇さんのため 

〇〇さんと交際になったら・・〇〇さんを理解するために、自分が〇〇さんとどう向き合うべきか?

どのように交際をしていきたいか?

「どんな自分になることがベストか」

何もせず、待ってても、来ないと思います

自分からアクションを起こさない限り、未来をひらくことはできません

(4)優柔不断

優柔不断な人は魅力的にはみえません

いざというとき自信をもって、はっきりと意思を示せないと、結婚することに不安を感じます。

特に男性は女性から「器が小さい男」レッテルが張られます。

大事なことは「自信」

自信の裏付けとなる基本は行動です。

「自分がどうしたいか?」自分の意思「行動」と「言葉」です。

(5)接し方がわからない

お互いがお互いを大切に思いやる。

そのベースとなることは、接し方になります。

「どうすることで距離が短まるか?」
「仲良くなるために、どうしたらいいか?」

普段の接し方が、交際の行方を決めていきます。

まずラインをマメにしたり「仲良くなりたい」という意思を積極的にアピールできない交際は進展しないでしょう

(6)言葉と行動が弱い

自分から好きになれないと・・積極的にアプローチできないという人がいます

確かに一理あります。

気持ちはわかります。

しかし現実的に、結婚したいなら、その考えでは結婚は遠のくと思います。

「婚活で考えるべきは、現実を捉えることです」

その上で「どうしたら好きになれるか?」

もっというと「どうしたら、相手が自分を好きになってくれるか?」

こんな風に考えていかないと、いつまでも変わらないと思います。

「自分から好きにならないと相手も好きになってくれない」

これは私の持論です

「自分から心を開かないと相手も開いてくれません」

「自分が裸にならないと相手も裸になってくれません」

オブラートに包み、当たり障りのない関係性のままでは、いつまでもぎこちないままです。

どこかで、「さらけ出す」「ぶっちゃける勇気」が大事になります

好きになる努力をしないと、中学生や高校性ではないです。

何度も言いますが、現実の結婚は難しくなっていくと思います。

その為に何が必要か?

言動がすべてを決めます

「言葉と行動です」

「この人が良い」と思ったら結婚するために、積極的に自分からアプローチしていかないと難しいと思います。

これは男性、女性、共に言えることです。

今の自分”、これからの自分”、自分の恋愛観”、自分が目指すべき結婚のカタチ”

そのために婚活であることを深く意識してみてください

=まとめ=

■頑固
■こだわりが強い
■相手の気持ち望んでいることがわかってない
■優柔不断
■接し方がわからない
■言葉と言動が弱い

婚活がうまくいかない人の特徴とか書きました

これらを一つ一つ突き詰めてみる。

「どう変えていくか?」で、未来が変わってきます。

=大竹情熱婚活塾=
・心構え 自己啓発     ・恋愛心理
・どうすれば成婚になるか  ・コミ力強化
・お見合いレッスン     ・交際レッスン
・交際基礎         ・LIEN実技
・習慣化プログラム

会員様の婚活の悩みを強化しながらお見合いと同時進行で成婚を目指す大竹情熱婚活塾コースがございます
事前にシュミレーションレッスンで婚活実技が学べます

お問合せ