こんにちは大竹です。

今日は女性との会話で失敗しない為に大事にしてほしい3つの事というテーマでお伝えします。

お見合いでお断りされる回数が多い男性

交際になってもお断りされ、コミュニケーションに不安を感じている男性は、是非これからお伝えする3つの事をベースに、改めて自分の婚活を見直してみてください

(1)同調

一番はじめに女性との会話で意識してほしいことは「同調」です。

自分が「話そう」「盛り上げよう・・」
「良く思われよう」と一生懸命なあまり・・つい自分の話を中心に会話してしまう男性がいますが、自分ではなく「女性」です。

女性に丁寧に質問を促せたら、必ず答えが返ってきます、それに対して是非「同調」「共感」を意識してみてください。

肝に銘じてほしいことがあります

「女性は反論や批判を物凄く嫌います」

間違っても「それおかしくない?」「違うと思う」とか、別の話題にすり替えない事です

「余計なことは話さない」

例えば、仕事の話題になったとします「私の今の部署つまらないんだよね」「上司が嫌なんだ」彼女は仕事上司の不満をあなたに話たとします

そんな時どう返しますか?

A,「そうなんだね」とただ受け入れてあげる

B,「誰にでもそんな時あるから我慢したら」「俺もそんな時があって・・」「そんな時に解決法はね」と自分の仕事論を語ってしまう

正解はAです。

BはNGです。

ある人がこう言ってます

「森にいる時は海の話をするな」という戒めがある

極端な例えですが、相手に合わせる度量が男性には必要であり、余計な話はせずに、ただひたすら聞き役に徹することです

ではAで受け入れて、もし見解を求められたら?

「どう思う?」なんて聞かれたら・・

その時は、普通に「〇〇ちゃんの気持ち何となくわかるよ」「合わない上司いるよね」とただ同調すればOKです

アラバマ大学の研究で、女性は、会話の時に相手の意見に反論などはせずに、そのまま受け入れることが多いとの研究結果があるそうです。

女性は基本的に「こんなこと言ったら相手を傷つけてしまうかも?」と考えるので、不用意に反論や反対はしない人が多い、それが女性の特性だそうです

女性との会話は、同調してあげることを意識する。

仮に、女性が話している事に対して、自分が言いたいことが浮かんでも、すぐに口にしない!

「なるほど」「そうなんだね」と一旦受け入れて「同調」すること意識してみてください。

(2)たくさん話しかける

「たくさん話かける」これはコミュニケーションの基本で大事なことだと思います。

当たり前でありシンプルなことですが、実はうまくいかない男性にできていない現象です

「たくさん話しかける」ということは、それだけ興味関心を強く持っているというアピールでもあります。

たくさん話しかける為には、相手を良く見ないと話しかけられませんし、相手をより深く知る必要があります。

会話の中から相手のことを想像する「想像力」も大事になります。

もし、話しかけることが苦手と感じている男性がいるなら・・考え方を変えてみましょう

日頃からの「考え方」を少し工夫すると、たくさん話しかけられるようになります。

「考え方の工夫とは?」2つあります

1、相手をずっと見て、相手のことだけを考えながら話す!自分はとりあえず消してみてください。「相手はどう思っているか?どう感じているか?」を常に頭の中でイメージしていると、何となく聞きたいことや話かけることが見つかります

「何を話そう」と考えるのではなく、自分を消して相手を見つめる意識です。

2、会話を難しく考えないこと

「会話がうまくできないのは実は自滅の場合が多い」

こんな研究結果があります

オレゴン大学で、「女性との会話に不安がある男性12名」と「不安が全くない男性12名」にお願いして、女性と5分間会話して貰ったそうです

5分経過したところで・・それぞれのグループに尋ねてみたところ、不安の高いグループからは、ネガティブな感想ばかり出てきたそうです。

「彼女はきっと僕との話がつまらなかったはずだ」
「僕の振る舞いは、どこかおかしかったと思います」

このような感想が続出したそうです

ところが、女性はけしてそんな風に感じなかったそうです。不安があるグループも不安がないグループも特に変わらない評価で、ごく普通におしゃべりできたと女性は感じたそうです。

この結果が表すように、会話に不安がある男性は、自分の欠点ばかり女性との会話で考えているということです。

しかし、女性は、そこまで感じていないということです。

例えば年齢が違えばギャップもあるし、共通の話題が見つからない時もあるかもしれませんが・・

大切なことは、ネガティブに考えない!自分の高くするということです。

無理に「こうしなきゃ」と自分を追い詰めるのではなく「自然体」を意識しながら

まずは出会いを前向きに捉え、相手が「どんな気持ちだろう?」とか「何を思っているだろう?」と相手を見つめながら、相手の事を想像していると、自然と相手中心の会話ができるようになります。

(3)できるだけ内面を褒める

会話、コミュニケーションで意識してほしいこと最後は「褒める」です。

よく「女性を褒めなさい」と婚活本に書いてありますが・・褒めるなら外的外見より「内面」「中身」を褒めたほうが女性は嬉しいです。

ケント大学で女子大学生220名にアンケートを実施したところ、外見に関わるようなコメントは、たとえポジティブでも、あまりしてほしくない、という調査結果がでたそうです。

男性は単純で、基本的にどんなことでも褒められると嬉しいけど、女性は・・それぞれが複雑であり、繊細であり・・特に外見に関しては、気心が知れた間柄でも、言い方ひとつ間違えると・・地雷を踏むことになりかねません

これは、私も常に意識してきたことですが、褒めるならできるだけ「内面」です。

例えば「〇〇さんはいつも色々勉強して凄いね」とか・「凄く一途で優しいね」とか・・「仕事素晴らしいね」とか・・

こんな感じで行動や内面をさりげなく褒めたり、ファッションは外見だけど「いつもオシャレだね」とか嬉しいと思います。

まとめ

1,同調・共感

2、たくさん話かけることを意識する
 (相手を想像する事、会話を難しく考えない)

3,褒めるなら内面

婚活がうまくいかない男性の悩みで多いのは「コミュニケーション」だと思います。

自分も盛り上がらない、相手も盛り上がらない、だから「交際がうまくいかない」

人生で人が人を好きになるきっかけは色々あります、そこを突き詰めてみると・・

「あの人、私に関心あるかも・・」と思った、これは女性の捉え方です

「あの子は、俺がやったことをホントに喜んでくれた」これは男性の捉え方です。

物凄く些細な、シンプルな、ちょっとしたきっかけのような気がします。

恋愛の原理原則は、きっかけに感謝してご縁を大事にすること!そして損得なし「相手を想う」ことだと思います。

「俺はあなたの見方ですよ」「私はあなたを応援してます、いつでも見方です」

こんな言葉を交わす2人になれたら、成婚になりますよ

今日は女性との会話で失敗しない為に大事にしてほしい3つ事をお伝えしました。

お問合せ

「ネットを使う婚活に疲れたら」

古き良き時代のお見合い結婚!ジャック&ジル東京へ

■ネット検索しない婚活

■お見合い相手はこちらで決めて、ご紹介します

■大竹情熱婚活塾で、婚活を1から学べます

=大竹情熱婚活塾=
・心構え 自己啓発     ・恋愛心理
・どうすれば成婚になるか  ・コミ力強化
・お見合いレッスン     ・交際レッスン
・交際基礎         ・LIEN実技
・習慣化プログラム

会員様の婚活の悩みを強化しながらお見合いと同時進行で成婚を目指す大竹情熱婚活塾コースがございます
事前にシュミレーションレッスンで婚活実技が学べます