こんにちは大竹です。

週末は台風が心配でしたが事前に成立したお見合い

全て延期・キャンセルなく消化できました。

仮交際が成立した方も多いので「交際」における基本的なこと

成婚に結び付ける為に

実践すべきポイントを今日はお伝えします。

(1)鉄は熱いうちに

「鉄は熱いうち打て」

交際が成立したら、初テートの日まで間隔を空けてはダメです。

なるべく早く初デートしましょう

理想は交際成立の翌週末です。

男性はファーストコールでデートに日を提案し

必ず約束すること

ファーストコールの目的はデートの約束です。

交際がスタートすることの「感謝」「お礼」
「これからよろしくお願いします。」

そして初デートの日を決める!

もし提案した日、お相手から「難しい」と言わらたら・・どうすればいいか?

代案日を用意し、更に提案することです。

「僕は今月なら〇日と〇日〇日なら大丈夫」

「〇〇さんはいかがでしょうか?」

この時、必ず先延ばしにしないことです

「また大丈夫な日を連絡下さい」と先延ばしにしてしまう人がいますが・・

それよりも・・多少強引でも「できたらこの電話で決めませんか?」と

必ず代案日を提示して初デートの日を設定することです。

交際が成立したら必ず1度は会うこと!お互いに認識していることです。

(2)元気ない電話は嫌われます

会員さんと電話でお話していて2つに分かれます。

実際と同じく、明るくてハツラツとしていて元気な声の会員さんと・・

声が低く、元気がなく、ハキがない会員さんです。

今は電話で話すという習慣があまり身についていないからかもしれませんが・・

声のトーンや話し方、テンポ、間など・・

話すことは重要であり、その基礎となるのは「電話」だと思います。

昔、僕らの学生時代は電話でした。

彼女の家電に電話して、親に煙たがられて、そんな経験することで恋愛を深めてきましたよね

電話の声、話し方、特にファーストアプローチでは大事です。

お見合いの時は「感じが良くて交際OKしたけど・・」

「電話で声を聴いて、話したら嫌になった」こんなケースがあります。

特に女性は男性の「声」に敏感です。

電話に慣れていない男性へ
電話(ファーストコール)で必ず実践すべきこと

★座って電話しない

座って話すより、立って、声を張って、元気よく、なるべく大きな声で
トーンを上げて話すことです

★電話では「感情」を意識します

「ありがとうございます交際になりホント嬉しいです」

「昨日楽しかったです」
「たくさん、美味しい食事したりしましょうね」
「僕に任せて下さい(笑)」

こんな感じで「嬉しい」とか「楽しい」とか「気持ち」「感情」を意識しながら話すことです

「お見合いの時の〇〇さんの趣味の話し面白かったです」とか・・

淡々と、「こんばんは」
「ありがとうございます。」
「よろしくお願いします。」だけの電話ではつまらないですよね。

あと「行きたい所ありますか??」

こんな質問をファーストコールでする男性がいます。

自信のなさを露呈しているダメな質問です。

いきなりこの質問されて、「〇〇に行きたい」という女性

あまりいないと思います。

あと「行きたい場所、僕は特にないので〇〇さんに任せます」

これも最悪ですね

こんなやる気のない男性と楽しくデートしたいと思うでしょうか??

デートを主導してリードするのは男性です。

「僕〇〇さんに是非食べさせたい美味しいお店があるんです(笑)」

「是非お連れしたいので、お店は僕に任せて下さい」
「ワインでも飲みましょう」とか・・

こんな感じで、〇〇さんのために!!と電話越しに言われたら嬉しいですよね。

ここも大事なポイントです。

(3)3日1度のコンタクト

初デートが決まれば、、そのデートの日まで時を待ちましょう。

問題はその後です。

初デートがそれなりに盛り上がれば次に繋がっていきます。

ラインを交換したりするでしょう。

初デートをクリアーしたら、その後はマメに連絡することです。

初デートの終わり際、「今度は〇〇食べにいきましょう」とか次に繋がることができたら・・

デートが終わったら・・

「無事お家に着きましたか?」
「今日はありがとうございました」
「ホント楽しかったです」
「日にち決めていきましょうね」
「〇〇さんと一緒にいると時間経つのが早いです」

短文でOKです。

交際になって1度目のデートが終わり

放置しては絶対にダメです。

交際を深めるポイントは

「あなたのことを想ってます」というサインを常に出すことです

出し続けることです。

マメなコンタクトです。

例えばラインで

「おはようございます!」
「今日もお互い仕事頑張りましょうね」
「寒いから風邪ひかないでね」

これくらいの短文なら忙しい時に絵文字でも返せます。

「天気良いですね。」「寒いから風邪ひかないでね」とか・・

「お休みなさい、ゆっくり休んでね」とか・・

この程度でokです。

お相手を思いやる内容の短文メールをマメにすることです。

勿論、電話で少し話したりもOKです。

ただ、タイミングもあるので・・

電話は、お相手次第で難しい面もありますが・・

大事なことは

長文をはじめから送らないこと!

日記みたいに自分のことをダラダラ書かないこと!

相手に返信を求めるような、よくわからない質問じみた内容を送らないこと!

「暇だからラインしました。お仕事頑張ってね」

この程度なら、貰った方も、難しくならないですよね

大事なことは、自分と相手は違うということです。

ラインで仲良くなろうと絶対に思わないこと!!

これも初期の交際で大事なことです。

自分の都合を押し付けないこと

誰しもがタイミングも気分もあります。

つい嬉しくて、長文メールを送って・・

嫌われる人がいます。これも気をつけましょう。

(4)積極的にデートに誘う

とにかく交際の基本中の基本は「会う」

この1点に尽きます。

積極的にデートに誘うことです。そして少しずつでいいので・・

「仲良くなりたい」
「もっとあなたと会いたい」
「もっとあなたを知りたい」
「あなたと話たい」

アピールすることです。

このような思いを常に抱きながら・・

お相手が「重く」ならない程度に・・

相手のペースを探りながら合わせていくことだと思います。

まとめ

交際になるということは大いに結婚の可能性があるということです。

交際で大事にすべきは「居心地の良さ」だと思います。

初めはぎこちなくでも、徐々に「自己開示」しながら・・

自分という人間を伝えていくこと

そして、お互いにフレンドリーに、気軽に話しながら・・

「信頼関係」を構築することです。

では?どうしたら構築できるか・・

「この人は誠実で安心できる」

「この人は私にとても良くしてくれる」

「この人は、私の気持ちを誰よりも理解してくれている」

「この人は、自分のことより私のことを大切に想っていてくれる」

これが「信頼」です。

その為には、常に「言葉」に耳を傾け、寄り添いながら・・

一生懸命に話を聴くこと

一生懸命に想い、尽くすこと

「理解しよう」と一生懸命に努力することです

これがないと信頼関係と安心の構築できません。

行動、行為、優しい言葉、相手を想う気持ち、感謝

この積み重ねがやがて「信頼」になっていきます。

「信頼」このキーワードなないと成婚にはなりません

彼女のことを想い

ラブレターを一生懸命書いて成婚になった男性もいます。

今どきの男性は思いも想像もつかないかもしれません・・

誰もやる人いないでしょう。

だからこそ、僕に言わせると「価値」があります。

他の男性が絶対にやらないことを一生懸命やることです。

そこにあなただけの「価値」が生まれます。

それを「素敵」と感動してくれる女性が必ず現れます。

今日は交際における基本的なこと

ポイントをお伝えしました。

今週も楽しいでいきましょう。