こんにちは大竹です。

今日は仮交際中の男性会員さんへのアドバイスを書きます。

デートでの「雰囲気」

大事にしてますか??

交際を進展させるため「雰囲気」

その人独自の「演出」大事になります。

仮交際➡特別な存在➡結婚を意識する男性へと

バージョンアップさせるためには

何度も言いますが「演出」と「雰囲気」が大事になります。

男性は、結婚したいが故に・・

条件のすり合わせや現実問題として結婚観

捉えますが・・女性は違います。

まず女性は感情として「好き」にならないと・・

その男性とは結婚しません。

確かに入口は条件です。

しかし、その後は「恋愛」なんです!!

逆を考えてみて下さい。

「好き」と思われない人と結婚したくないですよね

いつまでも好きな人

愛する人

愛したい人と結婚したいんです

上記のようにバージョンアップできないと

結婚は難しくなります。

それを是非理解しましょう。

女性はどの女性も恋人同士のようにデートしたいと思っています。

【バラの花束】

仮交際中、普通に何度か食事して・・

それなりに「楽しい」「好印象」

自分は・・「結婚したい思っている」・・

でも「相手の女性は自分をどう見てるか?」

なんとなく「わからない」

「だから不安です」

「どう思われているか?」

そこの確信を持ちたい!!

実に弱いことを考えながら婚活している男性会員さんが実に多いように思います。

お断りされることにビビッても、現実は一切かわりません。

僕がそんな会員さんに問いたいのは?

あなたは何で!どこで勝負しますか??

「断られたらどうしよう・・」

相手にどう思われているかを気にする前に・・

僕なら、こうするという方法を伝授します。

「バラの花束」送りましょう。

いちりんでもOKです、バラじゃなくてもOKです。

結婚の条件の前に

あなたの彼女に対する想い、気持ちが先です。

渡す時に、「さっきたまたま、花屋の前を通ったら綺麗だったので・・」

「〇〇さんに買ってきました」

ここで今日僕が何を言いたいかというと・・

女性が、恋人になる男性に求めている「演出」や

女性が、喜びそうなことを

どう思われるか??は無視して

まず思い切って

やってみることです。

恋人と「夜景」を見に行ったり、海沿いを歩いたりしたいですよね。

その時にどんな会話をしますか??

「結婚したらどうしたいですか?」
「どこに住みたいですか?」
「僕の親は・・」

こんな会話絶対しませんよね。

あなたのことを、僕はこんなに大事に思ってます!!

あなたのこんな所が好きで素敵です

そんな「あなたのこと」をテーマに会話をするはずです。

それが雰囲気と演出です。

それができないと

好きにはなってくれません

あなたがどうしたいの前に・・

彼女にスポットを当てること

彼女が求めるいる自分になってみること!!

恋人同士を意識できるように

演出と雰囲気を大事に

研究してやってみて下さい

ベタかもしれないことでも・・やる価値は大いにあります。

ラブレター的に、あまり重くならない程度に

普段の感謝の言葉を書いて、絵手紙的に渡したり

そんな演出も女性は嬉しいですよね。

自分が好かれるために、、どんどん熱を持ってやらないと・・

結局ただの「いい人だけど・・」で終わってしまいます。

「いい人だけど・・」で終わらない為には

相手を輝かせるために

モテ男がやりそうなことことは全部やること!

やってみることです。

「あなたが好きです」と

目の前にいる女性に「選ばれる自分」にならないとなかなかゴールは見えてきませんよ

素敵なデート

楽しんでいきましょう。