こんにちは大竹です。

今日は交際中のLINEについて書きます。

これまでLINEについて

僕なりの考えをブログで書きてきました。

改めて思うことがあります。

LINEは、ホントに仲良しの関係性が築けた人と毎日してると楽しいです。

しかし、それでも長いと・・かみ合わない時があります。

楽しい反面、まだ、お互いに、そこまで知らないと・・

仲良くないと

タイミング

誤解

認識の違い

ニュアンス

捉え方の違い

すれ違いがでてきます。

顔を見て話しているのは違いますよね。

感情表現が

難しいです。

仮交際中の会員さんに改めてお伝えします。

交際なるとLINE交換しますよね。

嬉しく、はじめのうちは特に楽しいと思います。

但し、はじめのうちから・・絶対と思わないこと

LINEに執着しないことです。

LINEが絶対ではない。

これは僕の考え方です。

見てると、LINEは人によります。

マメで大好きな人

そうでもない人に分かれます。

今!当社で、男性、女性 年代もそれぞれ

色々な人が婚活してます。

「好き」「普通」「そうでもない」

頻度も大きくわかれます。

LINEに必要以上にこだわる婚活は視野が狭く、やがて苦しくなります。

便利でLINEが当たり前の世の中で・・

便利さ故に、メリットもあれば

デメリットもあります。

今年はコロナ禍の中

特別な年ですが・・

無理せず

できる範囲で

楽しく食事したり

「会うデート」

「2人で楽しめるデート」を提案すること!

同じ時間を共有することです。

これが成婚のベースになります。

会うこと!

どうしても交際進展には欠かせないと思います。

はじめからLINEだけで仲良くなろうと思わないこと

何度も会うと自然になります。

言葉使いも変わります。

何度もLINEすることではなく・・

自然にいつものように「会う」

そこを目指しましょう。