こんにちは大竹です。

先日俳優の渡哲也さんが亡くなったとのニュースを見ました。

僕の世代は、西部警察や太陽にほえろ、大都会など、まさにドンピシャ世代!

昭和の、偉大な、大好きな俳優さんが亡くなりました。

テレビでも、その生き方が紹介されてましたが、素晴らしい方だったんですね。

誰に対しても、同じように、席を立って「はじめまして渡です」挨拶する。

みのもんたさんが駆け出しのアナウサーだった頃、渡さんが、そうそうたるメンバーで銀座で飲んでいて、みのさんが挨拶に行った時・・

席をたって、挨拶してくれたのは渡さんだけだったそうです。

そんなエピソードを読みました。

僕がとても記憶にあるのが、石原プロの映画撮影中に、事故が起きて、見学に来ていた一般の人がケガをして、即撮影中止になり・・マスコミが大騒ぎ!!

翌日の朝一に渡さんが、土下座して、ケガをされた方に謝罪されたそうです。ケガをされた方は、映画を楽しみにしていて「是非撮影を続けて、映画を公開してください」と渡さんに頼んだそうですが、渡さんは中止を即決定!!

その後の記者会見で、「ファンの方あっての我々ですから・・その大切なファンの方を傷つけて、映画撮影を続けるという選択は僕にはありません」と・・

キッパリ!

不祥事が起きた時の、上司の在り方の見本のような人で、その対応を誰もが絶賛していたことを思いだしました。

あの映画は、裕次郎さん亡き後の石原プロの悲願で、叶うことはなかったですね。

若い俳優のために土下座までし、損失を被り、石原裕次郎さんと共に、裕次郎さん亡き後は、残された俳優さんたちのために、最後の最後まで、忠義を貫き

大震災では、炊き出しなど、、ボランティア活動で被災者を励まし・・ホテルは被災地に迷惑になると、取らず 1週間風呂にも入らず、寝袋で過ごしたそうです。

舘さんが、神田さんが「心から尊敬する人」

誰からも慕われ、尊敬されて、素敵な方だったのだと改めて感じました。

人は自分が良くなり、偉くなり、地位も名誉もお金も手にすると変わる人がいます。

知らず知らずのうちに、慢心となり、態度となり、言葉になり・・傲慢になり、わがままになり・・

周りからチヤホヤされ、そうやって失敗する人!僕もこれまで何人も見てきました。

けど・・渡さんは違ってたんですね。

亡くなった裕次郎さんがそうだったのでしょう。

誰に対しても同じように接する。

偉ぶることなく、席をたって敬語で挨拶する。

人として謙虚さ、まっすぐさ、

人間として、生き方が素敵ですよね。

悪く言う人「ゼロ」

常に自分より、周りの人を大切にする「気配り」の人だったでそうです。

思いやりの人だったそうです。

渡さんの生き方、僕も「こんな生き方をしたい!!」

その見本のような素敵な俳優さん

尊敬に値する、素晴らしい方だったんですね。

記事を読んでいて涙が出てきました。

昔、小学校の頃、プレゼントで、西部警察の団長が乗っていたラジコン、車を母親に買ってもらったことを思い出しました。

今日は渡さんについて書きました。