こんにちは大竹です。

今日は「仮交際」と「真剣交際」について

会員さんでよくわかない人のためにもう一度お伝えしますね。

(1)借交際とは・・

お見合いをして交際が成立したらデートをします。はじめのうちは「仮交際」です。

なぜ仮かというと・・まだわからないからです。

交際は成立しましたが・・お互いに「この人とすぐに結婚する!」と決める段階にまでは至ってないと思います。

まだ「仮」の段階です。

これから何度か会ってみる段階(1回~5回6回デート)仮交際と僕は定義してます。

まだお互いにわからない段階ですから、他の人を(検索)探したり、お見合いしたり、同時進行で他の人と交際することもOKです。

仮交際はお互いにどちらかがお断りしたり、されたりもケ-スとしてあります。

まだ決まったわけではありません

(2)仮交際から真剣交際

仮交際をしながら、はじめの段階では他とお見合いをするかもしれませんが、、会っていく中で、お互いに仲が深まると、他の人とはお見合いをしなくなります。

1人に絞ります。

結婚相談所の場合、お互いに「結婚」を目的に交際をしますから・・結婚が望めない人と何度もデートすることはなくなります。

ほとんどの場合、仮交際(3~5回未満)で交際終了となります。

結婚相談所は交際期間が約3ヶ月です。

それを考えると5回以上お互いにデートしている。
ほぼ毎週のようにデートしている。

頻繁に2人が会っている段階を「真剣交際」と定義してます。

期間が2ヶ月以上
8回~9回となると、相談所の方から会員さんへ「お互いの気持ち」を確認します。

そうすると、すでに8回も9回もデートしてますから、ある程度、2人とも「この人にしたい」となってます。

そこからが「真剣交際」です。

真剣交際に入るとシステム上「真剣交際マーク」が付きます。

(3)真剣交際マークとは

真剣交際マークは、双方の相談所をが付けるマーク「別名ハートマーク」と呼びます。

💛ハートマークが付くと、お互いに、システムで検索ができなくなります。

あと他から申込が来たり、申し込んだりもできなくなります。

つまり「あなたに決めました」という目安となるメーク、これが真剣交際マークです。

このマークが付けば、あとは「プロポーズ」そしてご成婚が見えてきます。

=まとめ=

仮交際中に、他の人からお見合いのオファーが来た!交際しているけど・・「この人とも会ってみたい」勿論OKです。

仮交際~真剣交際マークがつくまで、2ヶ月~2ヶ月半位を意識してみて下さい。

ただ、期間よりも・・お互いに楽しく、会えていれば、自然と、気が付いたら・・真剣交際になっています。

男性も女性も、やはりお互いに「信頼」がないと結婚はないと思います。その信頼は会うことで築ける部分がありますよね。

お互いに「良い」と思えない人と「会いたい」とは思いません。

沢山デートして、お互いに、良い関係性を築いていってください。

そして、自分の中で「ここだ!」と思えるタイミングと出会えたら気持ちを伝えいきましょう。

「告白」です。

告白で、お互いに「気持ち」が確認できたら、ご成婚が見えてきます。