こんにちは大竹です。

今日は「婚活がうまくいかない女性の考え方!」についてお伝えします。

(1)理想と現実とのギャップ

婚活がうまくいかない女性は、まず理想が高すぎる女性です。

高くてもOKですが・・・

自分が求めている男性条件と「現実の私」を踏まえ婚活戦略を立てないとうまくはいきません。

理想を求めることは素晴らしいことです

ただ理想ばかり追うと現実を理解することができなくなります。

「私にとっての彼氏はこう・・」
「結婚はこうあるべき」というイメージが固まりすぎていて、それをなかなか崩せません。

そして周りの誰かと比べたりします。

逆に婚活がうまくいく女性は「今という現実」理解してます。

その中で出会い、結婚できるあろう男性を理解してます。

ある物の中で「できることを頑張ろう」とします。だからうまくいきます。

(2)昔を捨てられない女性

過去の恋愛や昔の彼氏を引きずったまま婚活するとうまくいきません。

比較はどうしてもするでしょう。

ただ、そもそも学生時代とかの恋愛と、今の「ない」ことを求め、取り組もうとする婚活は全く違います。

過去の引きずると、なかなか新しい未来はやってこないことを理解しましょう。

婚活成功!を考える時「過去の恋愛経験は全く関係ありません

結婚相談所で言えば経験が少ない女性の方がうまくいく確率が高いです。

なぜかというと、経験がないゆえに、高い理想もなく、過去との比較対象がない分、ストーレートに現実にいる男性としっかり向き合えるからです。

(3)わがままな女性

わがままな女性の婚活はうまくいきません。

「わがまま」とは?

先程の理想にも直結しますが「なんでこうなの」「ここが嫌」「ここが無理」「あそこが嫌い」と・・・

男性のマイナス面ばかり指摘します。

悪い部分にだけスポットを当てようとします。だからうまくいきません。

「男はこうじゃないと私は好きになれない!」と
理想ばかりをいつまでも追いかけてしまいます。

そもそも完璧な王子様がいないことを理解している女性は素直で謙虚です。

自分があらこれと求めるのではなくて・・

彼に求められる理想の女性になろうと謙虚に努力します。だから好かれます。

悪い面ではなく良い面にフォーカスして「好きになろう」という発想を持てると、女性は必ず恋愛体質になれます。

だから婚活がうまくいきます。

自分のことを「過大評価」していない女性は、男性に対しても過大評価しません。

男性が、「短所」と捕らえていることでも「あなたの魅力ですよ」とポジティブに伝えることができます。

そして「私にも同じように短所があります」とお互い様を認めることがきます。

好きになるとは全てを受け入れて好きになる。相手を理解することなんだと思います。

(4)整理できない女性

婚活でうまくいかない女性は、自分の価値観と結婚観を整理できていません。

うまくいく女性は、自分の中で「私はこんな男性が好き」という軸をきちんと持ててます。だからうまくいきます。

軸とはわかりやすく言うと「何を最も優先するか!」「どうなりたか」ということです。

軸がわかっていない女性は「あれもこれも・・」とどんどん求めます。

そしてどんどんわがままに理想だけが広がっていきます。

「こうじゃないと嫌」という思考で婚活するより・・

「これもありだよね」と柔軟に婚活した方がうまくいきます。

(5)私の婚活

前談で整理ということをお伝えしましたが、プロフィールのイメージか完璧!年が近くて、顔もかっこいい、お金持ち、性格も良さそうで、趣味も合っていて、年収も高く、高学歴でエリート、と・・トータルで誰が見てもパーフェクトな男性を求めると、間違いなく婚活が苦しくなりますよ。

それよりも成功する婚活は現実に落とし込んで

会える人、OKしてくれる人、会いたいと言ってくれる男性、OKしてくれる男性の中から、理想の結婚を追求した方が婚活はうまくいきます。

「私の婚活とは?」「私はどんな結婚生活がしたいのか」「私は彼に何を一番求め、将来どうなりたい!」結婚観を考えていきましょう。

絶対的に男性に対して経済力と平穏と安定・安心を100%求めるなら、何よりも真面目で安定した仕事、堅実でお金持ちで裕福な男性と結婚することだけを考えます。

僕が女性なら経済力を最優先にします。

そうなると年齢、容姿的なことではなく、自分の現実の中からそれに該当する経済力のある安定した男性を探し交際します。

理想の恋愛観を男性との交際に求めるなら、コミュニケーション力、容姿的なことを基準に僕なら婚活します。

そうなると他のことは無視して、年齢、ルックスを何よりも優先し相手を探し交際します。

方向性を定めることが婚活成功の絶対条件です。

「私はこのように婚活する」という方向性を明確にしましょう。それがないとブレブレになります。

(6)決断力

自分が「こうする!」と軸を決めないかがり、婚活はうまくいきません。そして100%はないことを理解しましょう。

現実を理解しそれ相応の身の丈に合った男性を探すことが婚活成功の一番の近道です。

そして大事なこと!最後は決断力です。

婚活がうまくいかない女性は前向きに決断できません。

「こうなったら嫌」とか「こうしたくない」「こうなったらどうしよう」とか、、どこかで、悪い方、悪い方に考えてしまいます。

婚活がうまくいかないケース多いのは実家暮らしが長すぎてそれに慣れきってしまっているケースです。

精神的に寂しさがなく「楽」な環境にどっぷり浸かっていると、後先ばかり考え動けなくなります。

婚活成功を考えるなら楽な環境を壊すことです。壊すことで「本気で見つけようとします」

あえて孤独になり自分を追い込んでみることです。

一人になって、ゆるい環境をあえて「壊す」「捨てる」ことも大事です。

「結婚しよう」と頭ではわかっていても・・毎日親を見ていると、親との関わりや関係性をなかなか壊せません。

殻を破らないし破れないし、、親はずっといるもんだと思っています。

険しい環境こそ、婚活が成功する大事な要素になります。

(7)積極的姿勢

婚活は積極的に動かないとうまくいきません。「やみくもに動いても疲れるだけ」という人もいますが、動かないよりは全然ましです。

まずは、徹底的に動くこと、出会いのきっかけを作り「私の結婚像はこれ!」を自分の中にしっかり確立させることです。

自分の中に「この男性ならOK」と思える人と出会えたらどんどん積極的に関係性を築く努力をすることです。

傷つくことを恐れたら栄光はつかめないと思います。

「バカになってみる。」これも大事です。(ラインや電話も、デートの誘いも自分からする)

「待っててもこない!」「私から行く」という積極的な姿勢が必ず婚活を良い方向にしてくれます。

(8)自己中心的

婚活がうまくいかない女性の特徴はいつも「私」「私」で自己中です。

「相手の男性はどうなんだろう?」と相手のことを考え冷静に思いやることができない女性です。

「相手の男性がこう言った・」「私はこうしたのに・こうだった」とか短絡的で

結果だけで感情的に物事を考えます。

「私は悪くない!あっちがこう・・だからこうなった」と相手の男性のせいにします。

悪くなると男性を責めます。

結婚してからも感情的になると関係はうまくいかないと思います。

相手のことも、全て、2人に起こることすべて「自分のこと」こととして考え「受け止めるられる女性」は何よりも男性の気持ちを思いやれます。

そんな女性は「同じように」それ以上に相手の男性からも思いやられます。

思いやりと優しさは伝染します。

自己中で自分勝手で感情的な女性は男性と素敵な関係性は築けません。

色々お伝えしてきましたが、うまくいくことを常に思い描き、そのための婚活を決意し、行動すれば、必ず幸せを掴むことができます。

運は与えられるものじゃなく、自分でつかむものです。

今日は婚活がうまくいかない女性の考え方をお伝えしました。