コミュニケーションを重視する情熱婚活結婚相談所ジャック&ジル東京の大竹です。

昨日は、BIU日本ブライダル連盟の定例会があり町田に行ってきました。

国立社会保障人口問題研究所調査や国勢調査など様々な調査結果について、浅井社長のお話がありました。

一番僕が注目したのは、婚活マーケットの変化の背景にある知られていない現実!

未婚男性が、未婚女性に比べ340万人多い現実
未婚男性と未婚女性の人口差は、全年齢合計で約340万人。20代~50代に限定しても約300万人、未婚男性が多い(2015年国勢調整)

生涯未婚率

50歳時未婚率と見合い、恋愛結婚の関係

恋愛結婚がお見合い結婚を上回る分岐となったのは1960年後半、1965年に25歳だった適齢期の男性が、50歳時未婚の判断基準となる50歳になった時が1990年です。つまり、お見合い結婚比率が恋愛結婚比率を下回った第一世代が、50歳時未婚率上昇の第一世代になった言えます。

色々このような調査結果や今の日本の背景を考えると、、ほんと一昔前に比べると、、結婚が難しい国になってます

特に未婚男性が未婚女性に比べ圧倒的に多く、4人に一人は物理的にも未婚女性との結婚できない現実があります。

厳しい「男余り」という現実

結婚に対してポジティブな層は、全体の4割(男性、女性5割)に過ぎず、日本社会では、歴史的に他人に背中を押してもらわないいと結婚が難しい

間に人が入る、仲人、お見合いの社会システムが益々重要になる

そんなお話でした。

昨日感じたことは、あくまで人口統計による、データ、数字の話でしたが、、確実に言えることは、「昭和」僕らの親世代とは全く違う!

昔のように、時期がきて、普通に恋愛して、結婚適齢期に当たり前に結婚できる時代ではなくなっているということ。

誰かが背中を押さないと、、難しい、背景があること!

そして、自分が本気で結婚したいと「動かない」」と何も変わらないということ!

気が付いたら40歳が過ぎ、50歳、60歳になってしまうということ・・・・

「今ですよね」

今そこ!意欲をもって、婚活を諦めず、前向きに取り組むことが、大切なのではないでしょうか

「今日が一番若い」

まずは、お見合いしましょう、、出会いを作りましょう。きっかけを作りましょう。

今日もNNR日本仲人連盟の定例会があります。

今日が終わると、イベントもひと段落します。

今週末はかなり寒いようです。

風邪に気お付けましょう。

素敵な2月になりますように

「大手結婚相談所や結婚情報サービスとの違い」など・・

今、口コミで評判の仲人型結婚相談所

ジャック&ジル東京は、どんな結婚相談所?

他社とどこが違うの?

システムの事、料金の事、お見合いの事、交際の事、サポートのこと

聴覚障がい者婚活支援のこと

素朴な疑問や質問などお気軽に何でもご相談、お問い合わせ下さい。

今現在のこと、婚活の悩みなど是非少しでもお聞かせ頂けたら嬉しいです。

「婚活をしているけど、結婚に至らない」
「興味あるけど、、不安」

そんな方も大歓迎です。何でも聞いてください