今日は結婚相談所ジャック&ジルあだち大竹の想いを書きます

独立開業して7年、これまで様々な方をお世話してきました

性別、年齢、条件、学歴、収入、地域、おかれている環境も皆さん様々です

そして結婚に対する「想い」も様々です。

何となく婚活を始めたという人もいれば・・

どうしても結婚したいという熱い想いの方もいます。

僕自身様々な人をお世話する中で・・

仲人としてどうあるべきか?

どんな結婚相談所を作りたいか?

軸が定まらず、もがいていた時期もありました。

苦しい時もありました。

その辺面嬉しいことも沢山沢山ありました。

やはり嬉しかったことは・・

他の相談所で結婚できずに・・

もう結婚を諦めかけた方が

僕と出会い、ジャック&ジルへの入会を決めて

そして、ご成婚になった時です。

こんなに嬉しいことはありませんでした。

これまで色々な経験をさせてもらい今があります。

これからどんな相談所を作りたいか?

「諦めたくない!という人をとことん応援したい」

そうゆう相談所にしたいと思います。

僕は極端な話・・どんな人でも

その気になれば・・

良い出会いは必ず作れるし

この日本の何処かに必ずその人に相応しい方は

いると思っています。信じています。

今の婚活!特に結婚相談所は

素晴らしいシステムですが・・

そのシステムは必ずしも良いかと言えば・・

疑問も大いにあります。

容姿、条件、年収、学歴

表面的なプロフィールの条件が

ボタン一つで画面にでてきて・・

みんなその条件で「YES」「NO」を判断しています。

便利ですが・・その便利さゆえに・・

結果自分で自分の首を絞める結果となり

「婚活に疲れ」他の相談所を

中途退会してきた方が沢山います。

ネットシステムが悪いとは言いません・・

ただ、プロフィールが全てではないんです。

そのことに気が付けた方と気が付けない方とでは

結果は違ってきます。

他の相談所でうまくいかなかった方と

これまでじっくり誰よりも向き合ってきました。

そうすると・・「原因」が必ず見えてきます。

その原因が何なのか?

これは、「共有」しないと意味がありません。

「共有」とは・・

仲人と会員様が信頼関係を築き

一緒に成婚を目指していくということです。

「悩み」「不安」

すべてを共有するということです。

ゴ―ルテープを一緒に切る。ということです。

他の相談所のことはよくわかりませんが・・

他を辞めてきた人の話を聞いていると・・

「共有」ではなく「強制」している相談所も

多いと感じます。

「だからあなたは結婚できないいんです」と・・

たまにそんなことを言われて・・

その相談所が嫌になり辞めてしまった人もいるみたいです。

仲人との関係が険悪になり

中途退会する人も沢山いらっしゃいます。

僕は強制はしません。

「強制」は意味がありません・・

「気ずき」が一番大事だと僕は思っています。

「気ずき」があり

そして、立ち止まり「考えます」

そして、自分自身に深く落とし込み

変えよう、改善しようと決意します。

それは、誰かに言われたからではなく

「自分の決断」

そういうことになります。

自己決断は、重いんです。

そこには意思が明確にあります。

長くなってしまいましたが・・

ジャック&ジルは他でうまくいかなかった人を

「気ずき」と「共有」で成婚に導きます。

会員様とは友達のように信頼関係を築き

何でも気軽に話ができる・・

いつもそばにいる仲人でありたいと思います。

昨夜は僕が大好きなお店「西新井駅前カラオケキラリ」久しぶりに行きました。

もうすぐひな祭りですね。